魂の雄叫びを見せたシメオネ、話題のジェスチャーについてはこう説明

©株式会社愛幸

アトレティコマドリ―のディエゴシメオネ監督が、今朝行われたUCLユベントス戦で見せたゴールセレブレーションが話題になっていますが、何故あのようなジェスチャーを見せたのか、その真相については英『BBC』のインタビューでこう説明しています。

現地時間20日に行われた、チャンピオンズリーグ(UCL)決勝トーナメント1回戦第1戦目アトレティコマドリ―vsユベントスの対戦は試合終盤にアトレティコのCBコンビ、DFホセ・ヒメネスとDFディエゴ・ゴディンのゴールで2⁻0と勝利した。

そしてこの試合で話題となっているのが、ディエゴ・シメオネ監督が見せたゴールセレブレーションだ。

62分にヒメネスが待望の先制点を決めると、感情を爆発させたシメオネ監督は股間を手で囲み何かを表現しているように見えた。

英『BBC』のインタビューでシメオネ監督は自らのジェスチャーについてこうコメントしている。

「あのジェスチャーはいいものではなかった、認めるよ。だけどやる必要があると思ったからやった。心の底からね」

「私はラツィオの選手時代にもあのジェスチャーをしたことがある。ファンに向けて我々は勇気、根性を持っているんだということを示したかった。だから今回またやったんだ。もし誰かの気に障ったのなら、私はもう謝ることしかできないよ」

すなわち自分の股間(睾丸)を手で囲みアピールすることで、恐れなどない、これが我々チームの根性だということを示していたわけだ。なんともシメオネ監督らしい熱いセレブレーションである。

3月13日、運命の第2戦!オッズはこうなっているぞ

英大手ブックメーカー188BETのオッズによるとアトレティコ勝ち抜けが1.23倍に対してユベントス勝ち抜けは4.03倍、やはり第1戦をモノにしただけとあってアトレティコ有利の予想がされている。

だが、2戦目はジエゴ・コスタに加え、中盤の要であるトーマス・パーティが出場停止

厳しい戦いになるのは間違いないだろう。