河口にダイオウイカの死骸、島根

浜田市、深海の海流影響?

©一般社団法人共同通信社

島根県浜田市で見つかったダイオウイカの死骸=21日(しまね海洋館アクアス提供)

 島根県浜田市の下府川の河口で、体長約3.4メートル、重さ約135キロのダイオウイカの死骸が見つかったことが21日、県立しまね海洋館アクアスへの取材で分かった。担当者は「深海の海流の影響で迷い込んだのかもしれない」と話している。

 同館によると、ダイオウイカは通常、水深600メートル以上の深海に生息し、海が浅い日本海側で見つかるのは比較的珍しい。発見されたダイオウイカは雌とみられ、餌を捉える触腕が切れていた。21日、職員の知人が見つけた。

 ダイオウイカは23~24日に同館で開かれるイベントで展示される予定。