レアルにハメスは必要なのか? トップ下もなし、ポジション争いも激しく

©株式会社FACTORIES

バイエルンでプレイするハメス photo/Getty Images

現在レアル・マドリードからバイエルンにレンタル移籍しているMFハメス・ロドリゲスは、今夏にレアル復帰を望んでいるとも言われている。しかし、問題はレアルにハメスのポジションがあるかどうかだ。

スペイン『MARCA』は現在チームを指揮するサンティアゴ・ソラーリが続投したと仮定して話を進めているが、その場合は少々厳しくなってくる。同メディアはハメスが最も得意とするシステムを[4-2-3-1]と考えているが、ソラーリはこのシステムを使っていない。

基本的にはカゼミロをアンカーに配した[4-3-3]を使用しているが、インサイドハーフにはライバルが多い。必ずしもハメスが必要とは言えないはずで、ポジション争いは避けられない。

ガレス・ベイルが退団する場合を考えると左のウイングにハメスを置く案もあるが、ここではヴィニシウス・ジュニオールが急成長。さらに同メディアは今夏チェルシーMFエデン・アザールを引き抜くことを想定しており、アザールのベストポジションも左サイドだ。さすがにアザールから左サイドのポジションを奪うことはできないだろう。

右ではルーカス・バスケスが信頼を勝ち取っており、同じレフティーではマルコ・アセンシオがいる。ハメスが割って入るのは簡単ではない。

昨季まで指揮を執ったジネディーヌ・ジダンはハメスを構想に含めなかったが、ソラーリ政権でもそれは変わらないのだろうか。バイエルンでは本来のプレイを取り戻しつつあるが、それでもレアルでポジションを確保できるかは微妙なところだ。