病院のクチコミサイトで大論争 「じゃあ二度と来院するな」と病院側のコメントでさらに大炎上中!

©株式会社ロフトプロジェクト

写真はイメージです

昨今では飲食店やレジャースポット、ホテルにショッピングと様々な施設や店舗の利用前にインターネット上に残された"口コミ"を参考にするという利用者も少なくない。

そんな口コミレビュー内容を巡り度々炎上騒動も発生しているわけだが、今回炎上騒動の渦中にいるのは夜間診療を行う病院とあり不安の声が広がっている。

もちろん「夜に風邪のような病気の診察やってもらえて大変助かりました」「仕事帰りの急な胃痛にてお世話になりました」「看護師さんの注射が上手でした」といった感謝のコメントもあるのだが、目につくのは多くある低評価の内容。

「あからさまに態度悪かった」
「薬の処方だけで大金飛んでった感覚」
「10,000円を超える検査内容でも事前報告なし、処方された薬に対して説明なし」
「料金説明もなく自由診療に切り替えられて検査。料金を見たら1万円超え」
「キャンセルしようとしたらもう出来ないとのこと」
「喉が痛いといってるのに、喉を見ることはなく、服の上から聴診器何度か当てて終わり。謎の採血時間合わせて3分未満でした」
「お金騙し取られる寸前でした! 血液検査だけで1404点だと? 明細を頂いたら、実は592点でした! 結果的に、払ったお金が戻ったが、医療機構なのに、想像もつかないくらい適当なところでした」
「最悪です! 初めてこんな営利目的をはっきりする病院に来ました」
「『会計処方に不満がある方は出入り禁止にします』と貼り紙」
「保険証を出したのに自費診療にされかける」

どうやら診療に5,000円、7,000円、10,000万円超えという請求も多いようでこれらに納得行かない利用者のコメントが並んでおり、そんな彼らの苦言に対してはオーナー自らが「二度と来院しなくて結構です」「本件、名誉毀損に該当するため、顧問弁護士を通じて貴殿に対して法的対応をさせて頂きます」「徹頭徹尾日本固有の旧分子を保存し旧原素を維持せんと欲する」「男らしく直接来院したらいかがでしょうか」といった返信を行っている。

また、「院内で日本国歌が流れている」「軍歌が流れてる」といったコメントも見受けられたが、これらは「年末使ったことあるけど軍歌なんて流れてなかったぞ」と打ち消すコメントも。

しかしさらに、同医院への評価で満点の5つ星評価としているユーザーのハンドルネームが「大本営発表」「大東亜共栄圏」「挙國一致内閣」「大政翼贊會」「東郷五十六」「ニイタカヤマノボレ一二〇八」と少々"ネタ"を思わせるものが多く見受けられたため、加えて騒動となることに。

いずれにせよ患者の健康状態を預かる病院での騒動、患者への診断や処方といった実務に悪影響が及ばなければ良いのだが。(文◎編集部)