韓国外務省が式典廃止要請

竹島の日、近年同様の批判

©一般社団法人共同通信社

松江市で開かれた14回目の「竹島の日」式典=22日午後

 【ソウル共同】韓国外務省報道官は22日、島根県が同日「竹島の日」式典を開催したことについて「不当な主張を続けていることに強く抗議し、行事の廃止を改めて強く求める」との声明を発表した。批判の内容は、竹島の日に出された近年の声明と同様だった。

 声明は竹島(韓国名・独島)について「歴史的、地理的、国際法的に明白な韓国固有の領土」だと指摘。竹島の日の式典は韓国に対する「挑発」に当たるとして「即刻中断し歴史を謙虚に直視する姿勢を示すべきだ」と求めた。