名護漁港でチヌ16匹

©株式会社琉球新報社

 名護市在住の安仁屋浩貴さんは、幼い頃から名護漁港をホームグランドにチヌ釣りを楽しんでいるチヌ釣りの名手。名護漁港でチヌが数釣れているとの情報が入り、2月14日に取材をお願いした。

 午後2時に釣りを開始した安仁屋さんは、2時半に30センチ前後のチヌを釣り上げた。その後も、コンスタントに釣り上げ、私が到着した午後5時には6匹の釣果をあげていた。

 最初のポイントでアタリが無くなったので、堤防の先端寄りに少し移動して夜釣りを開始。付け餌が海底を引きずるように仕掛けをセットして、潮の流れに乗せてアタリを待っているとすぐにウキが海中に沈み、38センチほどのチヌが釣れた。その後も40センチを筆頭に夜明けまでに10匹、トータル16匹が釣れた。

 安仁屋さんにチヌ釣りのこつを聞くと、同じポイントに通い、その日の状況に合わせて仕掛けや餌を変えることと教えてくれた。

 10日、糸満一文字を舞台にジャパンカップクロダイ沖縄大会が開催された。競技時間中に釣れたクロダイ5匹までの総重量を競う大会だが、本命のクロダイが釣れずクロダイ以外の対象魚の重量で順位を決めた。主な結果は次の通り。

 ▽1位 上原竜男 1匹 1.14キロ ガクガク

 ▽2位 大田守士 2匹 0.74キロ ガクガク

 ▽3位 具志堅隆行 1匹 0.42キロ ガクガク

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)