朝倉あきが正義感あふれる弁護士に! 歌舞伎町のトラブルを解決!!

©株式会社東京ニュース通信社

女優の朝倉あきが、BSテレ東で4月に放送する真夜中ドラマ「歌舞伎町弁護人 凛花」(土曜深夜0:00、開始日未定)に主演することが分かった。歌舞伎町で活躍する主人公の弁護士・美鈴凛花を演じる朝倉は「笑いあり、涙あり、そして最後はスカッとする、見てきっと元気になれるドラマだと思います。個性あふれる歌舞伎町の人々との出会いを通して、凛花が少しずつ成長するところは特に大きな見どころだと思います」とアピールしている。

同作は歌舞伎町を舞台に、弁護士・凛花の活躍を描く同名漫画が原作。ひょんなことから六本木の法律事務所を追われ、父親の経営する歌舞伎町の弁護士事務所で働くことになった凛花。当初は毛嫌いしていた歌舞伎町で、毎日のように舞い込んでくる案件と向き合ううちに弁護士として人間として成長していく。ちょっとしたギャグやお色気、最後にはバシッと悪者をやっつける爽快な弁護士ドラマになる。

民放の連続ドラマ初主演となる朝倉は「この上ない緊張感と、この上のない感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。女性弁護士は力では男性に及ばずとも、守る人に寄り添って強くあろうとする姿がりりしくカッコいい印象があります。先輩方の背中から学んだものを生かしながら、優しく強い弁護士を演じられたらと思っています」と意気込み十分。撮影に向けて「理不尽な相手を弁護士としてやっつけるシーンの撮影はとても楽しみにしています。また、全編を通して登場する、凛花を見守ってくれる人たちとのシーンものびのび演じてみたいので、掛け合いがどうなるか楽しみ」と期待している。