淡路島沖にイルカの群れ? 200頭近く確認

©株式会社神戸新聞社

沖合に突如現れたイルカとみられる群れ=淡路市野島大川(提供写真)

 22日午後3時半ごろ、兵庫県淡路市野島大川の沖合で、イルカとみられる群れが泳いでいるのが目撃された。漁業関係者や通行中のドライバーら約50人が海岸に集まり、スマートフォンで撮影するなどしていた。

 近くの会社経営尾山毅さん(71)によると、群れは背びれを見せながら約2時間半、海岸沿いを行ったり来たりしていた。時折ジャンプする姿も見られた。

 多い時で200頭近くが肉眼で確認できたといい、尾山さんは「定置網にイルカが引っ掛かることはまれにあったが、こんな多くの群れは初めて見た」と興奮していた。

 兵庫では今年1月にも、尼崎市内の渡船業者のスタッフが武庫川河口沖約2キロの地点で、約10頭のイルカの群れを目撃した。