真っ赤な丸ノ内線が復活

東京メトロに新型車両登場

©一般社団法人共同通信社

東京メトロ丸ノ内線の新型車両「2000系」=23日午前、東京メトロ荻窪駅

 東京メトロ丸ノ内線の新型車両「2000系」が23日、デビューした。車両全体がシンボルカラーの赤い色に包まれ、先頭が丸い形をしているのが特徴。1954年の開業当初から走った「300形」は全体を赤くした色合いだったが、88年から使われている現行の「02系」では、赤い色は側面の帯に入っていただけだった。2023年度までに53編成全てが、真っ赤な2000系に入れ替わる予定だ。

 東京メトロによると、2000系は丸ノ内線の名前にこだわり、車両の先頭のほか、車内の天井も丸みを帯びた形で、直径約1メートルの円形の窓も採用された。無料でWi―Fiも使える。