「自殺はファッションじゃない」、バーバリーが謝罪

©英国ニュースダイジェスト

イギリスの高級ブランドのバーバリーが、ロンドン・ファッション・ウィークで披露したパーカのデザインが不適切であると批判を受け、謝罪した。BBCほか各紙が報じた。

このパーカは、テンペストと呼ばれる同ブランドのラインで、首にたれるパーカの紐がデザインとはいえ首吊りロープそのもの。この「自殺パーカ」に対し同ブランドの専属モデル、リズ・ケネディーは「自殺はファッションじゃない」とインスタグラムで抗議。

ケネディーは家族を自殺で失った過去がある。若者の自殺率に上昇の傾向が見られる昨今、感化されやすい若い女性向けのラインであるにも関わらず、誰一人としてこれを止めずにゴーサインが出たことを批判した。

マルコ・ゴベッティ最高経営責任者(CEO)は、このような事態が再発しないよう取り組んでいくことを表明し、デザイナーも謝罪した。