長野電鉄のもと営団地下鉄3000系、O6編成さよならイベント_3/3開催

©株式会社エキスプレス

営団地下鉄 日比谷線時代を想わせる、あの長野電鉄3500系―――いよいよ引退、解体へ。

長野電鉄は、3500系(もと営団地下鉄3000系)車両のうち、営団時代の面影を最もよく残す「O6(オーロク)編成」を3月に解体。

そのさよならイベントを3月3日11:10~13:55に実施する。会場は、須坂駅4番線ホーム。

会場では、O6編成と他の3500系2編成(O2編成を含む)を並べた撮影会(11:10~11:50、13:15~13:55の2回実施)を実施。

普段は入れない線路上で、「長電フリー乗車券(1日用)」を持つ人に限り、2回とも、写真撮影が可能。

「長電フリー乗車券(2日用)」は対象外です。「ホームからも撮影は可能ですが、線路上からの方がより良いアングルで写真撮影ができます」と長野電鉄。

また、4番線に停車した3500系車内にて販売会も開催。3500系に関するものを中心に、部品、グッズ、記念乗車券を発売。

グッズ、記念乗車券については、1回の会計時に合計金額が2,500円を超える毎にO6編成写真入り記念カード(ポストカードサイズ)をプレゼント(50枚限定、12:00~13:00)

販売品や部品販売会への参加方法は、ホームページ上にのちほど公開。

そのほか、現役で走る3500系のうち、もっとも営団時代に近い「O2(オーニ)編成」が、当日の撮影会でO6編成と並ぶ。

また当日、O2編成は撮影会をのぞき、定期列車として営業線で運行。当日の運用をホームページでのちほど公開する。

さらに、イベント終了後、15時05分ごろまで、O6編成はO2編成と並ぶ。15時05分頃から約2分間は、O6編成、O2編成、特急車両「ゆけむり」が並ぶ。

その後、15時07分から15時35分ごろまで、O6編成は特急車両「ゆけむり」と並ぶ。いずれも4番線ホームから撮影できる。

3500系O6編成について(長野電鉄)

長野電鉄3500系は、1993年にデビューしました。

営団地下鉄(現・東京メトロ)日比谷線の初代車両3000系を譲り受け、当社向けに改造した2両編成の車両です。

その中でO6編成は、木島線、屋代線(いずれも現在は廃止)用の3500系「O(オ―)編成」の6番目の編成でした。

平成24年3月末の屋代線の営業終了とともに、廃車となり車両としての使命を終えましたが、その後も須坂駅構内に留置され、倉庫として使用されました。

特徴として、屋根上の換気用の通風器が営団時代の製造当初の八角形型で残っていることに加え、平成23年11月に当社で赤い帯を取り、営団時代に近い外観となったことから、多くの鉄道ファンに親しまれました。

O6編成、O2編成以外の「O編成」は、すでに解体されました。O2編成のみ長野線(長野~湯田中間)でも走行できる仕様であるため、O編成の中で、唯一現役で活躍を続けています。