ロッテドラ1藤原が圧巻のレーザービーム披露、三塁への“剛速球”で走者刺す

©株式会社Creative2

「2番・センター」で先発出場しているロッテ・藤原恭大【写真:安藤かなみ】

センターから矢のような送球、山川の進塁を阻止

 ロッテのドラフト1位ルーキー、藤原恭大外野手が23日の練習試合・西武戦(高知・春野)で“レーザービーム”送球を披露し、球場を沸かせた。

 3-1とロッテの2点リードで迎えた3回2死一、二塁の場面。西武の森がセンター返しのタイムリーを放つと、二塁走者の秋山が生還。さらに、一塁走者の山川が二塁を回って三塁を狙った。

 すると、センターの藤原がボールをつかみ、素早く三塁へ送球。矢のようなボールがワンバウンドでサード鈴木のグラブに突き刺さった。山川はギリギリでアウト。藤原の強肩が勝った。

 走攻守の三拍子揃う黄金ルーキー。肩の強さも高校時代から定評があった。高卒新人離れした能力をまたしても見せつけた。(Full-Count編集部)