PSG会長、ネイマール&ムバッペの売却を再び否定!「2000%彼らは残る」

©フットボール・トライブ株式会社

ナセル・アル・ケライフィ   写真提供:Getty Images

パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長が所属するブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペの売却を否定した。フランス紙『Le Parisien』のインタビューで明らかになった。

PSGはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の関係でネイマールかムバッペを放出する可能性が度々報じられており、ケライフィ会長や選手本人がこれらの報道を否定し続けてる。

そして今回の報道によると、ケライフィ会長が改めてこれらの報道を否定した。

◆ナセル・アル・ケライフィ会長

「100%、いや2000%彼らは残る。

多くのメディア、特にフランスのメディアはネイマールやキリアンを売る必要があると主張している。だが、私はキリアンやネイマールが残ると確信している」