B2ロボッツ、きっちり白星 青森に90-74、3連勝

©株式会社茨城新聞社

ロボッツ-青森 第1クオーター、ロボッツの平尾がシュートを決める=水戸市青柳公園市民体育館

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は24日、水戸市青柳公園市民体育館などで6試合が行われ、茨城ロボッツは青森を90-74で退け、3連勝とした。同一カードでの連勝は1月5、6日の熊本戦以来約1カ月半ぶり。通算成績は28勝15敗、順位は東地区2位のまま。

ロボッツは2点リードで迎えた第2クオーター、流れるような攻撃で主導権を握り、21-9と突き放した。第3クオーターに反撃を受けたが、最終クオーターは盛り返した。

中地区首位の信州が仙台を87-78で下して35勝8敗とした。

■茨城ロボッツ・岡村SVC ジャーラが良かった

点差を離して、追い付かれて、最後また離してというきのう(23日)と似た展開だったが、きょうの方がチームとしてのオフェンス、チームとしてのディフェンスができていた。今季一番というくらいジャーラが良く、地味なところで頑張ってくれた。

(水戸市民体育館、1879人)
茨城 28勝15敗 90-74 青森12勝31敗
22-20
21-9
17-24
30-21

信州 35勝8敗 87-78 仙台 26勝17敗
香川 10勝33敗 69-61 奈良 13勝30敗
広島 28勝15敗 85-77 山形 17勝26敗
FE名古屋 28勝15敗 91-63 金沢 17勝26敗
熊本 31勝12敗 101-88 愛媛 17勝26敗