<野田小4女児死亡>傷害容疑で母親を再逮捕

©株式会社千葉日報社

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、県警は25日、年末年始にも心愛さんを暴行しけがを負わせた同容疑で再逮捕した父親の勇一郎容疑者(41)に同調したなどとして、同容疑で母親のなぎさ容疑者(32)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年12月30日ごろから今年1月3日ごろまでの間、自宅で勇一郎容疑者が、心愛さんの顔を浴室の床に打ち付け、顔や胸を圧迫するなどした暴行を制止せず、警察などに通報しないで同調。心愛さんに十分な食事を与えず、胸骨骨折のけがを負っても病院に連れて行かなかった疑い。