干支ぐい飲み作り本格化 三股町

©株式会社宮崎日日新聞社

 三股町長田の「三股焼紫麓(しろく)窯(がま)」で、恒例になった干支(えと)を題材にしたぐい飲み作りが本格化している。来年は申(さる)年。ピンクの顔もかわいい「福徳猿満(ふくとくえんまん)」と名付けられた2種類のぐい飲みで、同窯は来年1月まで500個を作る予定。

来年の干支・申をモチーフに「福徳猿満」を製作する山下さん(左奥)と山口さん