【ラ・リーガ】「恥ずべき行為」ベイルのゴールセレブレーション拒否に非難殺到

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルは、ラ・リーガ第25節レバンテ戦の決勝点を記録。しかし、ゴール後の振る舞いについてスペインで非難の的になっているようだ。

【ラ・リーガ】モラタがついに移籍後初ゴール!レアルは2度のPKでレバンテに辛勝

74分に途中出場を果たしたベイルは、1-1の同点という状況で得たPKのキッカーを担当。決勝弾となるシュートをゴール右に沈め、レアルが勝利を収めた。ただ得点後ベイルは一切喜びを見せることなく自陣に帰ろうとし、チームメイトのスペイン代表FWルーカス・バスケスが抱き合おうとする腕を振りほどくと、あまりの拒否反応にバスケスも驚いた表情を見せた。ベイルは直近3試合で途中出場が続いており、現状に不満があることをアピールしたと見られる。

【ラ・リーガ】”マドリード・ダービー”で挑発行為をしたベイル 最大で12試合出場停止の可能性が浮上

ゴールセレブレーションを行わず、味方との抱擁も拒否したことに対し、スペインラジオ局『Cadena SER』に出演した元レアルのプレドラグ・ミヤトビッチ氏は、「恥ずべき行為」とベイルを糾弾。「プレーできない事に腹を立てていて、ソラーリ監督に試合に出たいことをアピールしたかったつもりなのだろう。だが、この行動はチームメイトとの関係が悪化するだけだ」と付け加えている。

ゴール後の行動が問題視されているベイル