首相、ロ外相疑義に「反応せず」

北方領土交渉巡り

©一般社団法人共同通信社

衆院予算委で、答弁を求め挙手する安倍首相=25日午後

 安倍晋三首相は25日の衆院予算委員会で、北方領土問題を解決し平和条約を締結するとの首相方針への疑義を呈したロシア外相の発言に関し「交渉の場以外の発言について、いちいち反応するつもりはない」と述べた。河野太郎外相も「交渉は、交渉の場で行うもので、外で行っているのではない」と語った。

 ロシアのラブロフ外相は、首相が平和条約を締結すると表明していることなどについて「その確信がどこから来ているのか分からない。プーチン大統領も私も、そうした発言につながる根拠は与えていない」と述べた。

 立憲民主党会派の今井雅人氏は「実は何も進展していないのでは」と指摘した。