ロサンゼルスFC、2019新ユニフォームを発表!今季も「YouTube TV」に

©株式会社コリー

参入1年目だった2018年のメジャーリーグ・サッカー(MLS)で、西地区3位、リーグ全体でも5位と好成績を残したロサンゼルスFC。

躍進したチームの中心は、かつてアーセナルやレアル・ソシエダでプレーしたカルロス・ベラ。14得点13アシストと華々しい活躍でチームを引っ張った。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

そのLAFCが23日、新シーズンに向けたアウェイキットを発表した。なおホームキットは2018年モデルを継続使用となる。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Los Angeles FC 2019-20 Away

NEWアウェイキットは、2018年モデルと同様にホワイトを基調。歪みや滲みを織り交ぜた複雑な水平ストライプのグラフィックは、ロサンゼルスの街中にある建物やコンクリートといったものに触発されている。

今季も10番を背負うのはカルロス・ベラ。ネームナンバーは昨季のブラックからシルバーへ変更となったが、「白地に銀」は視認性に問題は無いのだろうか。

胸スポンサーは「YouTube TV」で継続。昨年のユニフォーム発表の際にも大きな話題を呼んだロゴマークだ。Googleがアメリカ国内で提供するこのサービスは、YouTubeを通して既存のテレビ局の番組をライブで視聴出来るというもの。

エンブレムはロサンゼルスの略称“LA”に、チームのシンボルマークの翼を合わせたアールデコ風デザイン。本来の色はブラック/ゴールドだが、キットカラーに合わせてホワイト/シルバーにチェンジ。

袖のMLSバッジの色は各チームのユニフォームごとに異なる。今季のアウェイはキットカラーに合わせた色に。

前面左裾にはジョックタグをプリント。翼は「力、強さ、速さ」を表すチームのシンボルマーク。

LAFCの2シーズン目は、昨季の西地区1位スポーティング・カンザスシティとのホームゲームで開幕する。