二宮町消防司令補、セクハラで停職 「認識なかった」

©株式会社神奈川新聞社

 神奈川県二宮町は25日、女性職員にセクハラやパワハラ行為をしたとして、同町消防署の男性消防司令補(48)を同日付で停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 

 同町によると、消防司令補は2015年4月~16年3月と18年8月に同町消防署内で女性職員に対しみだらな言葉をかけたり、下半身を触ったりするなどのセクハラ行為を繰り返した。

 

 また、17年6月には職場環境に関する外部からの聞き取り調査を受けることになったこの女性職員に対して、事前に回答内容を指示するなどのパワハラ行為を行ったという。

 

 女性職員はセクハラが原因で昨年8月から病気療養しており、現在も休職状態が続いている。消防司令補は同町の調査に「卑わいな発言をしたことは間違いないが、セクハラという認識はなかった」と話しているという。

 

二宮町役場