通称も可 LGBTパートナーシップ宮崎市素案

©株式会社宮崎日日新聞社

 宮崎市は25日、6月に県内自治体で初めて導入を目指す「パートナーシップ宣誓制度」の素案を公表した。性的少数者(LGBTなど)のカップルを公的に認める制度で、20歳以上で配偶者がいない2人がそろって宣誓書を提出し、認められればカード型の受領証が交付されるなどと定める。市は「一定のニーズがあると判断した。一人一人が尊重される共生社会の確立を目指したい」としている。