核合意交渉の顔、イラン外相辞意

米による制裁で苦境、批判高まり

©一般社団法人共同通信社

イランのザリフ外相=2015年、テヘラン(AP=共同)

 【テヘラン共同】イランのザリフ外相は25日、辞任の意向を表明した。イラン政府高官が明らかにした。ザリフ氏は2013年に発足した穏健派ロウハニ政権で外相に就き、15年のイラン核合意を巡る多国間交渉で中心的な役割を担った一人。イラン外交の「顔」として活動してきたザリフ氏の辞任は、ロウハニ政権への打撃となりそうだ。

 イランは、トランプ米政権が18年に核合意を離脱し制裁を再開したことで、経済的苦境に陥っている。国内の保守強硬派は「核合意は失敗だった」と主張して、ロウハニ政権批判を強めており、国会ではザリフ氏への辞任要求も出ていた。