衆院、陛下在位30年で賀詞議決

感謝と慶祝を表明

©一般社団法人共同通信社

天皇陛下の在位30年で「賀詞」を議決した衆院本会議=26日午後

 衆院は26日午後の本会議で、天皇陛下の在位30年に感謝と慶祝の意を表す「賀詞」を議決した。共産党は欠席した。衆院事務局によると、在位の節目を祝う賀詞は現行憲法下で初めて。参院も議決を目指して協議している。

 共産党は「過去に例がない。過度に天皇を礼賛するもので国民主権の原則に照らして賛成できない」と欠席理由を説明している。

 賀詞は皇太子ご夫妻の長女愛子さまの誕生を受けた2001年12月以来で、1990年の天皇陛下の即位の礼や、93年の皇太子さまの結婚の儀でも議決した。