東証反落、終値78円安

様子見気分強く

©一般社団法人共同通信社

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。様子見気分が強い中、短期的な利益を確定させるための売り注文に押された。終値は前日比78円84銭安の2万1449円39銭。

 東証株価指数(TOPIX)は3.67ポイント安の1617.20。出来高は約10億7800万株。

 円安の進行や25日の米株高を受けて朝方は買いが先行し、一時は昨年12月中旬以来、約2カ月半ぶりの高値を付けた。しかし、買い一巡後は利益確定の売りが膨らみ、午後は前日終値から下落して推移した。