強制不妊の被害幅広く認定

©一般社団法人共同通信社

 障害者の強制不妊手術問題で、救済法案を協議している与野党は26日、手術の記録が残っていなくても、間接証拠などが「明らかに不合理ではない」ことを基準に被害認定する調整に入った。幅広く対象とする狙い。