刑事部長に大場健一高崎署長 特殊詐欺対策で新ポスト 県警

©株式会社上毛新聞社

 群馬県警は26日、警部級以上の定期人事異動を内示した。地元警視正は刑事部長に大場健一高崎署長を充てるなど全7ポストが異動対象となった。機構改革では、被害がやまない特殊詐欺の被害防止や摘発強化につなげようと、刑事部に特殊詐欺対策統括官を新設したほか、交通部には交通安全教育隊を設けた。発令は3月8日付。

 他の警視正ポストでは、生活安全部長に高井篤首席監察官、交通部長に田中圭一郎前橋署長、警備部長に星野貴司交通部長が着任。首席監察官には金井稔総務参事官、前橋署長には都筑誠交通安全対策統括官、高崎署長には神戸勇警務参事官がそれぞれ昇任して就くことになった。

 機構改革では、振り込め詐欺被害に横断的に対応するため、組織犯罪対策課長を兼ねる特殊詐欺対策統括官を設けたほか、犯罪グループの捜査を担う特殊詐欺組織解明指導官も新設、特殊詐欺組織解明係には10人を配置する。啓発などを担う生活安全企画課特殊詐欺抑止対策室も増員する。

 【お知らせ】詳しい人事は有料サイト「じょうもばいる」から、スマートフォンなどで、ご覧いただけます。人事異動検索お試し版のページ(http://m.jomo-news.co.jp/nm/HRD/s/s_trial.html)からお入りください。