岡崎のレスター、新監督は元リヴァプールのロジャーズ氏!コロ・トゥレも入閣へ

©株式会社コリー

レスター・シティはブレンダン・ロジャーズ氏を新監督に指名したと発表した。契約は2022年6月末まで。

かつてリヴァプールでも指揮を執ったロジャーズは46歳。2016年からはセルティックを率いていた。 セルティックは火曜日にレスターからのオファーが来ていることを発表しており、報道によればその後個人合意が形成されたとのこと。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

【関連記事】レスターファンが忘れない、亡きオーナーとの5つの思い出

先日クロード・ピュエル前監督を解任することを決めたレスター。その後任としてはブレンダン・ロジャーズかラファエル・ベニテスが選ばれるのではないかと伝えられていた。

ロジャーズ氏は月曜日にセルティックの理事会に「レスターに行きたい」という願望を伝え、それが了承されたとのこと。

そうなった場合、ロジャーズの副官を務めていたクリス・デイヴィスとコロ・トゥレの2名もレスターに移ることになるそうだ。

なお、セルティックはニール・レノン氏が暫定的に指揮官としてチームを率いる可能性が高いという。