任天堂の偽ゲーム周辺機器を販売 夫婦逮捕「生活費のため」 千葉県警

©株式会社千葉日報社

 任天堂のロゴに似せたシールを貼り、同社のゲーム周辺機器「amiibo(アミーボ)」の偽の磁気カードを販売したなどとして、千葉県警サイバー犯罪対策課と柏署は26日、商標法違反の疑いで茨城県行方市沖洲、会社員、塚本瑞穂容疑者(35)と妻のパート従業員、香里容疑者(35)を逮捕した。

 同課によると、人気ゲーム「ゼルダの伝説」や「スプラトゥーン2」に関するデータを自宅でカードに記録。昨年1~11月、インターネットのフリーマーケットアプリなどを通じてカードを繰り返し出品し、少なくとも約68万円を売り上げていたとみられる。

 県警は、データが入った111枚を含むカード1340枚を両容疑者の自宅から押収しており、夫婦でカードにデータを複製して販売していたとみて調べる。

 逮捕容疑は共謀し昨年7~11月、任天堂に類似したロゴを貼ったカード計13枚を市原市などの男女4人に計5700円で販売。自宅にカード21枚を譲渡目的で所持し、同社の商標を侵害した疑い。

 2人は容疑を認め「手っ取り早くお金が欲しかった」「生活費のためにやった」と供述している。カードは1枚600円、2枚900円、5枚2千円などで販売していた。県警によると、正規品の相場は1枚1200円前後だという。

 瑞穂容疑者がネット上にデータの複製方法や同様のカードが販売されているのを見つけ、妻に「正規品より安く売れば欲しい人がいると思うから、やってみないか」と誘ったという。

 昨年3月、任天堂から相談を受け県警が捜査していた。