特急みどり「維持すべき」 新幹線フル規格化で長崎県知事

©株式会社長崎新聞社

 九州新幹線長崎ルートが全線フル規格化した場合、廃止の可能性がある佐世保-博多間を結ぶ特急みどりについて中村法道・長崎県知事は26日、「引き続き維持確保するべき」と述べ、JR九州が新鳥栖-武雄温泉間を経営分離しないよう求めていく考えを示した。

 定例長崎県議会一般質問で、宮内雪夫議員(自民・県民会議)に答えた。

 長崎県によると、新幹線と並行して走る「並行在来線」は、県を含む地元自治体の同意があればJRが経営を分離できる。長崎ルートが全線フル規格化すると新鳥栖-武雄温泉間は並行在来線になるため、JR九州が同区間を経営分離し、佐世保-博多間を結ぶ在来線特急が維持されない可能性があるという。

 中村知事は「並行在来線の問題については(長崎ルートの)整備方式が定まっていないため、JR九州では検討が行われていない」とした上で、「(並行在来線区間を含む)JR佐世保線は重要な幹線路線。経営分離されることがないよう関係者にしっかり要請していきたい」と述べた。

佐世保と博多を結ぶJR佐世保線の特急「みどり」=佐世保駅