小美玉のヨーグルトPR動画 茨城県広報コンで特選

©株式会社茨城新聞社

PR動画を制作した立原さん夫妻

■牛乳から製品まで 立原さん夫妻制作

小美玉市で昨年10月開かれた全国ヨーグルトサミットのPR動画「小美玉ヨーグルトストーリー」が、茨城県広報コンクールの映像部門で特選に選ばれた。

酪農が盛んな同市で、主原料の牛乳から作られるヨーグルトを「あなたのもとに届くまでの物語」と題して制作された。

「牛のえさ」「牛のくらし」「牛乳を集めて検査」「ヨーグルトをつくる」「ヨーグルトはどこへ」の5章から成る6分間のダイジェスト映像。牛を育て生乳を搾る様子や、市内のヨーグルト製造工場、学校給食の様子などが、それぞれ携わる市民の笑顔とともに、分かりやすく描かれている。

同市の地方創生総合戦略「ダイヤモンドシティ・プロジェクト」事業の一環として制作され、同市張星、映像クリエーター、立原裕之さん(38)、陽子さん(39)夫妻が撮影、取材、編集を担当した。

立原さんは「ヨーグルトができるまでに関わるたくさんの方々の普段の仕事の様子を知ってほしかった。次の世代に継承していくためにも、市の宝として伝えたかった」と話す。同作品は全国広報コンクール(日本広報協会主催)に推薦される。

また、2人が手掛けた、若者夫婦4組の出会いから暮らし、趣味など輝く姿を紹介した「小美玉日和」は準特選。同市が制作した映像2作品が上位を占めた。

担当した市企画調整課の中本正樹係長は「制作から登場人物まで全て市民によるもの。市の活力を今後も発信し続けたい」と話している。

このPR動画は、市のホームページで見ることができる。(高畠和弘)