神奈川県公立高校の転・編入学者選抜、全日制県立は139校で実施

©株式会社イード

県立高校(全日制の課程)転入学・編入学者選抜実施計画

神奈川県教育委員会は2019年2月26日、平成31年(2019年)4月1日付け公立高校転入学・編入学者選抜の実施計画を発表した。全日制では県立高校139校・市立高校14校が選抜を実施。志願受付締切りは3月19日、学力検査は各志願先の高校にて3月20日に行う。

神奈川県公立高校では、県外などからの一家転住者や海外帰国生徒のための転入学・編入学者選抜を年4回実施している。4月1日付け転入学・編入学者選抜の対象は、平成31年度入学生を除く新高校2年生および3年生。

選抜の募集は、保護者の転居に伴う県外からの転入者や県内在住で特別な事情を有する者および編入学者を対象とした「募集区分A」と、県内公立高校在籍者で積極的な理由に基づく進路変更を希望する者を対象とした「募集区分B」に分けて行う。「募集区分B」については、原則として同一学科間で第2学年に限る。

全日制は、県立高校全139校と市立高校全14校が実施。志願受付の締切りは3月19日、学力検査は各志願先高校にて3月20日に実施する。定時制は県立高校全21校と市立高校全7校、通信制は県立高校全2校が選抜を実施。いずれも3月16日から3月31日までの間で各学校長が定める日に学力検査を行う。受付締切りは原則として学力検査日の前日まで。

各実施校の募集人員は、各高等学校により異なる。募集人員、通学区域(横浜および川崎の各市立高校の学区)、学力検査教科、合格発表日、必要書類などの詳細については、2月26日以降に神奈川県教育委員会教育局(転編入学情報センター)へ問い合わせること。

神奈川県教育委員会のWebサイトでは、全日制の県立・市立高校それぞれについて、学科別に募集校および募集学年を一覧表でまとめ掲載している。

畑山望