ホークス上林、フェンス際で超美技 ドンピシャリのジャンピングキャッチ

©株式会社Creative2

ソフトバンク・上林誠知【写真:荒川祐史】

フェンス最上部に直撃しようかという打球をキャッチ

 ソフトバンクの上林誠知外野手が27日、宮崎・アイビースタジアムでの「球春みやざきベースボールゲームズ」西武戦でスーパーキャッチを見せた。

 3点ビハインドで迎えた2回2死一、三塁の場面。先発・武田が投じた初球を昨季のパ・リーグ本塁打王・山川が右方向へ弾き返した。大飛球が右中間へ。しかし、上林が背走すると、フェンス際でドンピシャリのタイミングでジャンプ。フェンス最上部に直撃しようかという打球をもぎ取り、球場がどよめいた。

 抜けていれば確実に2点が入っていた場面。タイミングが少しでもずれていれば捕球できなかっただけに、超美技となった。練習試合とはいえ、ヒットを1本損する形となった山川も苦笑いを浮かべるしかなかった。(Full-Count編集部)