第56回弥生賞(GⅡ)追い切り

©株式会社日刊現代

第56回弥生賞(GⅡ)追い切り

8 Photos

27日、栗東・美浦トレセンで皐月賞トライアル第56回皐月賞(GⅡ・3着まで優先出走権)の追い切りが行われた。重賞2勝(札幌2歳ステークス、東スポ杯)を制したニシノデイジー(美浦・高木厩舎・勝浦騎手)を筆頭に、2戦2勝(新馬・京成杯)負け無しで挑むラストドラフト(美浦・戸田厩舎・ルメール騎手)が切れのある追い切りを見せた。また関西馬ではカントル(栗東・藤原英厩舎・デムーロ騎手)とブレイキングドーン(栗東・中竹和厩舎・福永騎手)も侮れない存在だ。レースは少頭数の予定だがハイレベルな戦いとなるだろう。

ヴァンケドミンゴ
(107・藤岡佑騎手)
栗東トレセンにて

カントル
(内245・荻野極騎手)
栗東トレセンにて

サトノラディウス
(左・1759・助手)
美浦トレセンにて

ニシノデイジー
(890・勝浦騎手)
美浦トレセンにて

ニシノデイジーの追い切り視察で美浦トレセンに来た西山茂行オーナー(左)と勝浦騎手(央)、右は高木登調教師

ブレイキングドーン
(905・助手)
栗東トレセンにて

メイショウテンゲン
(1025・池添騎手)
栗東トレセンにて

ラストドラフト
(1390・戸田調教師)
美浦トレセンにて

撮影:阪本達夫 飯塚富美雄

撮影日:2019年02月27日