兄がお先に紅白“出場”

中沢卓也が新曲イベント

©一般社団法人共同通信社

 演歌歌手の中沢卓也が、新曲「茜色の恋」の発売記念イベントを東京都内で開き、150人のファンを前に、故郷に残した女性へのいちずな恋心を歌い上げた。

 2017年にデビューし、NHK紅白歌合戦初出場を目標に掲げる中沢は「去年とおととし、2年連続で兄が紅白に出ました」と告白。兄は地元の新潟県で活躍するストリートけん玉の名手で、先輩歌手の三山ひろしがけん玉のギネス記録に挑戦した場面に“出場”していたという。

 「兄のフェイスブックに『祝、紅白出場』と書いてあって、誰のことかと思ったら兄本人だった。先を越されている場合じゃないですね」と苦笑しつつ、「紅白に出場できたら、兄にバックでけん玉をやってもらいたい」と夢の共演に思いをはせた。