さんまが「めざまし」生放送特番のMCに! エンタメの主役にムチャなお願い

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系では、3月29日に明石家さんまがメインキャスターを務める「今夜発表!4時間生放送 平成エンタメニュースの主役100人“ムチャ”なお願いしちゃいましたSP」(午後7:00)を放送する。朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前4:55)の放送25周年を記念した特番で、スタジオには「めざましテレビ」の現在のキャスター陣のほか、番組にゆかりのある芸能人らが登場する。

番組ではこれまでの「めざましテレビ」全6000回以上の放送を徹底分析し、「めざましビッグデータ」を作成して芸能人の「めざましテレビ」出演回数をランキング化。平成を彩った人気女性タレント、男性タレント、海外セレブ、お笑い芸人など、ビッグデータの中から平成エンタメニュースの主役100人を選出し、平成の最後にその100人に“ムチャ”なお願いをする。

さらに、フジテレビに残るさんまの全ての映像を網羅した「さんまビッグデータ」も用意。担当ディレクターやさんま研究の大学教授、ものまね芸人など、さんまマニアたちが「明石家さんまが最も“ムチャ”していた瞬間」を選出する。今回の出演にさんまは「この番組は“ムチャ”なお願いをする番組らしいですが、今回の出演依頼が最も“ムチャ”なお願いではないでしょうか?」としながらも「当日は軽部真一さんをはじめ、久しぶりにお会いする方々が多いのでとても楽しみにしています」と話している。

「めざまし」メインキャスターの三宅正治アナウンサーは「さんまさんには、2001年「すぽると!」の初回放送に“工場長”として生出演していただいたことを思い出します。その後もいろいろな番組でご一緒しましたが、“めざましテレビ×さんまさん”…一体どんな雰囲気になるのか、想像もつきません。MCであることを忘れ、思い切り楽しませていただきます。若手アナを目いっぱいいじってください!」と期待している。