田畑毅衆院議員が辞職願提出

準強制性交容疑で刑事告訴

©一般社団法人共同通信社

 交際していた女性から準強制性交容疑で刑事告訴され、自民党を離党した田畑毅衆院議員(46)=比例東海、当選3回=が27日、辞職願を衆院に提出した。有権者の理解が得られず、議員活動の継続は困難と判断したとみられる。自民党は21日に離党届を受理したが、野党だけでなく自民党内からも非難の声が上がっていた。

 捜査関係者によると、女性は昨年12月の田畑氏との飲酒を伴う会食後、自宅で就寝中に乱暴されたとする告訴状を今月、愛知県警に提出。田畑氏の携帯電話に女性の裸の画像が保存されていたため、軽犯罪法違反容疑でも被害届を出した。