【速報】錦織が第1セットを落とす。世界77位、長身の若手との2回戦[ATP500 ドバイ]

©株式会社WOWOW

「全豪オープン」での錦織

「ATP500 ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月25日~3月2日/ハードコート)の大会3日目、男子シングルス2回戦で第1シードの錦織圭(日本/日清食品)が世界77位ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)と対戦。第1セットは5-7で錦織が落とした。

両者は今回が初の対戦。大会公式サイトによると錦織はホルカシュについて「きっと彼は素晴らしいサービスがあるのと、フラットなショットを多用するパワフルなプレーヤーだと思います」と語っていた。1回戦では粘り強いプレーでピンチをしのぎ、勝利をつかんだ錦織。見事な勝利を期待したい。

コイントスに勝利した錦織は、1回戦に引き続きレシーブを選択。第1セットはホルカシュのサービスゲームから始まった。

序盤はお互いにサービスゲームをキープしていく。そして先にチャンスを作ったのは錦織。第5ゲームで2本のブレークポイントを握ったが、サーブでホルカシュにしのがれてしまい、チャンスを活かすことができなかった。

錦織はその後チャンスをつかむことができなかったが、自身のサービスゲームではホルカシュに1ポイントも与えず、第8ゲームまですべてラブゲームでキープした。

そして錦織は第9ゲームで再びブレークポイントを握ると、ラリーを制してブレークに成功。ゲームカウント5-4とした。

続く第10ゲームが錦織のサービング・フォー・ザ・セットに。しかしここにきて急にサービスゲームが不安定になり、ホルカシュにブレークバックを喫してしまった。

さらにゲームカウント5-6で迎えた第12ゲームでも錦織は0-40とピンチを迎えた。なんとかしのぎたいところだが、ホルカシュにブレークを許し、5-7で第1セットを落とした。

試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」での錦織
(Photo by NaFoto/Action Plus via Getty Images)