ベイル代理人、チームメイトからのいじめ説を否定

©フットボール・トライブ株式会社

ゴールパフォーマンスを披露しなかったFWガレス・ベイル 写真提供:GettyImages

レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルの代理人がチームメイトとの関係が悪化していることを否定した。米国メディア『ESPN』が伝えている。

ベイルは日本時間25日に行われたレバンテ戦で決勝点となるPKを決めるも背後から抱きつこうとしたルーカス・バスケスを振り払うなど、苛立ちを見せて話題に。

その後、スペイン紙『マルカ』ではスペイン語が話せず、チームから孤立し、チームメイトからは「ゴルファー」というあだ名で呼ばれていると報じられた。

しかし、同メディアでベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏が「ベイルは大丈夫だ。彼はチームメイトと何も問題はない」とこの報道を否定した。

ベイルは28日に行われるコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝2ndレグのバルセロナ戦で先発出場することが有力視されているが、どのような活躍を見せてくれているのだろうか。