鴻巣産業団地 誕生

新潟県小千谷市

©株式会社パブリカ

小千谷市には、これまで土地開発公社が造成したものを含め、5か所の工業団地があります。このうち、4か所には分譲用地がなく、残る西部工業団地も1区画しか残っていません。
こうした状況を踏まえ、昨年の6月から造成工事を進めていた新しい工業団地「鴻巣産業団地」が完成し、6か所目の工業団地として分譲を開始します。

■優れた立地環境!
○関越自動車道小千谷インターチェンジ、長岡南越路スマートインターチェンジから、ともに約6kmの距離
○強固な地盤
○豊富な地下水
○全国トップクラスの安価なガス

■企業立地に取り組んでいます
市では、製造業をはじめとする基幹産業の活性化を図り、地元雇用の創出と地域経済の持続的な発展のため、企業立地に積極的に取り組んでいます。
市外・県外の企業訪問はもちろん、市内企業へも新たな設備投資につながる優遇制度の紹介や、工場の移転・拡張の相談を行っています。

■企業誘致専門部署の設置
企業立地を推進し商工業への支援体制を整えるため、平成29年4月に「商工振興課」を新設し、課内に「企業立地係」を設置しました。企業立地に関する総合窓口として、市内へ立地する企業の活動を支援し、工場の新増設や機械などの設備投資を応援しています。
また、積極的に企業誘致を促進するため、平成29年7月に「産業政策監」を配置しました。年間200社を超える企業を訪問し、情報収集を進めています。

■優遇制度の紹介

●固定資産税の課税免除
対象:
・土地
・家屋
・構築物
・機械
・装置

期間:
3年間(市外企業の新設に限り5年間)

●用地取得費補助金
用地取得費の20%を交付(限度額1億円)
※市が造成した用地に限ります。

●雇用促進補助金
市内在住の新規常用雇用者一人につき10万円を交付(限度額500万円)

■市で分譲中の工場用地を紹介します(1月31日現在)

●鴻巣産業団地

●西部工業団地

※製造業だけでなく、さまざまな業種に最適な立地環境です。ぜひ、ご利用ください。

■さらに積極的な企業誘致を
市では、市内外の企業の立地による地域経済の更なる活性化を期待し、引き続き企業の誘致や環境の整備に積極的に取り組んでいきます。

◆立地協定企業の声
弊社は、産業機械などの金属部品を製造しており、昭和37年の会社設立以来、市内の山本で操業してきました。
しかし、工場の老朽化に加え2度の震災による被害を受けたこと、敷地を分断する用水路の存在、増築により3棟に分かれた工場など、生産効率向上への制約に頭を悩ませており、新たな工場用地について検討を進めていました。
そんな中、タイミングよく市で新たな工場用地を造成すると伺いました。新しい工業団地であれば、現工場での制約が解消され、生産効率の向上が可能であると判断し、平成30年8月に立地協定を、平成31年1月に土地売買の仮契約を締結しました。
山本で培った技術を生かし、鴻巣で更なる成長を遂げられるよう努めます。

問合せ:(株)新潟セイキ

申込・問い合わせ:商工振興課企業立地係
【電話】0258-83-3556