イオンモール桑名に次世代アスレチック バンダイナムコ 4月中旬オープン、東海初 三重

©株式会社伊勢新聞社

 【桑名】バンダイナムコ(東京都港区、萩原仁社長)は27日、イオンモール桑名(三重県桑名市)に屋内アスレチック施設「SPACE ATELETIC〝TONDEMI KUWANA〟(スペースアスレチック〝トンデミ クワナ〟)」を4月中旬にオープンすると発表した。東海地方の出店は初。

 トランポリンエリア、クライミングウォールエリア、ロープウォークエリアなど、世界中のアクティビティを気軽に体験できる次世代型アスレチック施設。

 一昨年4月にオープンした幕張新都心店(千葉県千葉市美浜区)は一年で20万人、昨年7月にオープンした平和島店(東京都大田区)は5カ月で15万人の来場者数を記録した。

 同社では大人から子どもまで楽しめる従来のアクティビティに加え、新店にしかない新アクティビティを多数導入したいとしている。