川谷絵音がネット民にブチ切れ「超キモいんですけど」と笑われる

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Khosro / Shutterstock

ロックバンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音が、2月23日に放送されたバラエティー番組『ピンポイント業界史』(テレビ朝日系)に出演し、自分にクレームをつけてくるネット民に怒りをぶつけたことが話題になっている。

川谷は自身のSNSがたびたび炎上することについて、「SNS住人の何が腹立つかって、僕よりも音楽センスも上だと勘違いして、〝ミュージシャン・川谷絵音〟をバカにしてくることです」と怒りを告白。また、普段から付き合いのあるミュージシャン・米津玄師に対しても、「SNSで『米津が』と書いたら、『は? 米津さんだろ!』」などと指摘されたことについても怒りをあらわにした。

そんな川谷に対して、ネット上では早速《ゲス不倫野郎が偉そうに語るなよ》《最近は本業の歌じゃなくてバラエティー進出か》《問題を起こすヤツはやっぱり余裕ないよね》《おまえmiwaのこと忘れたのかよ》《超キモチ悪いんですけどww》など、批判的な声が殺到している。

「ファンからは賛同の声が聞かれた川谷の発言ですが、ネット民の多くは反発しています。というのも川谷は、2011年に歌手のmiwaに対してSNS上で『miwaってシンガーソングライター? 音楽舐めてるとしか思えない』などと酷評し、炎上問題にまで発展していたからです。また、他にも『フランプールのボーカルがジャニーズみたいなパフォーマンスだった。意識してるんだろうなぁ。ああはなりたくないなぁ』とツイート。この発言はジャニーズファンからも怒りを買い、大騒動となりました」(芸能記者)

どちらの発言も、まだ川谷が今ほど売れていなかった時代のものだったため、それほど大きな問題にはならなかったが、ファンにしてみれば、かなり〝上から目線〟だったに違いない。

 

ネット民を味方につけた米津玄師と星野源

「川谷の才能は周囲が認めていますが、ネット上の悪口に反応しているようではまだまだでしょうね。結局は揚げ足を取られて終わりのない罵り合いに巻き込まれるだけです。そういった意味では、米津玄師や星野源はネット民をうまく味方に付ける戦略で成功していますね。米津はかつてネット民に反発して反感を買っていましたし、売れないころの星野は相当卑屈でしたが、どちらも今では謙虚な大人の対応をしてますよ」(音楽プロデューサー)

〝ゲス不倫〟などというファニーな呼称でチャカされているせいか、いまだ一部メディアに取り上げられる川谷。やらかしたことの気色悪さを考えれば、1人でも2人でも反応してくれることをありがたく思わなければならないだろう。

 

【画像】

Khosro / Shutterstock

【あわせて読みたい記事ランキング】

1位 二宮和也「世界中を敵に回しても…」伊藤綾子への“狂愛”がヤバい!?

2位 益若つばさの近影が「漂白剤も驚きの白さ」とざわつかれる

3位 速水もこみち『ZIP!』卒業と料理シーンの炎上で「これから仕事あるの?」

4位 竹内結子再婚のニュースに『嵐』二宮和也ファンが動揺した理由

5位 『水曜日のダウンタウン』不法侵入ドッキリに「なんで警察呼ばないの?」

6位 『尾畠さん断念…』のニュースに「ミヤネ屋が責任取れや!」の声殺到!

7位 長瀬智也が神対応!『鉄腕DASH』ひふみんとの共演に「本当に紳士」

川谷絵音がネット民にブチ切れ「超キモいんですけど」と笑われるはまいじつで公開された投稿です。