『水曜日のダウンタウン』不法侵入ドッキリに「なんで警察呼ばないの?」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

水曜日のダウンタウン

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の放送内容がまたもや物議を醸している。2月27日分の放送では、芸人3人をターゲットに設定。自宅でドッキリを仕掛けたが、芸人は「怖い」と連呼。「警察を呼ぶべきでは?」と視聴者が指摘する騒ぎとなり、またもや炎上の様相を呈している。

この日のターゲットは『さらば青春の光』の森田哲矢、あばれる君、『ザブングル』の加藤歩の3人。番組では「家に人が山ほど隠れていても意外と気付かない説」を検証。家のクローゼットや物陰にエキストラを忍び込ませ、芸人が帰宅したときのリアクションを確かめるものだった。

 

1LDKの部屋に中年男性9人が「侵入」

このうち、森田の1LDKの部屋には中年男性9人が台所下のスペースや風呂の浴槽、クローゼット、ベランダ、コタツの中などに忍び込んだ。森田は帰宅するなりリビングのソファで20分程度くつろぐ。そしてついにコタツに足を入れると、エキストラの体に足をぶつけ、人の存在に気付いた。森田は「誰!? 誰!?」「ちょっと、不法侵入ですよ!」とパニックになり大騒ぎ。さらにベッドの下にも人がいることが分かると、大声を上げながらのたうち回った。

森田はマネジャーに「ドッキリ(の企画)入ってます?」と慌てて電話したが、ドッキリの協力者であるマネジャーはしらを切って否定。その後も森田は次々と「侵入者」と遭遇していき、「おい、何やねんこれ!」「おい~!何これ!」「もうええって!」と呆れ顔。30分かけて全9人を見つけ出した。

ドッキリと明かされると森田は安堵から脱力。その他のターゲットである加藤の3LDKの部屋には10人、あばれる君の2LDKの部屋には21人の男性を忍び込ませていた。

視聴者からは、

《最初の人を発見したときに警察に通報するという発想はないのだろうか》
《芸人はヤバい状況に遭遇しても、警察じゃなくてまずは仕事だと疑うべきなのか。危機管理ヤバそう》
《台本通りなのか? 普通ならマネジャーじゃなくて即警察に通報するのが当たり前》
《これに慣れるとヤバい。本当に強盗だったときもドッキリだと思って殺されるかも》

などと投稿。ドッキリが「度を超している」と非難していた。

過激な企画で挑戦し続ける『水曜日のダウンタウン』。一部の声は完全にスルーし、この姿勢を貫くつもりだろうか。

 

【あわせて読みたい記事ランキング】

1位 二宮和也「世界中を敵に回しても…」伊藤綾子への“狂愛”がヤバい!?

2位 益若つばさの近影が「漂白剤も驚きの白さ」とざわつかれる

3位 速水もこみち『ZIP!』卒業と料理シーンの炎上で「これから仕事あるの?」

4位 竹内結子再婚のニュースに『嵐』二宮和也ファンが動揺した理由

5位 『水曜日のダウンタウン』不法侵入ドッキリに「なんで警察呼ばないの?」

6位 『尾畠さん断念…』のニュースに「ミヤネ屋が責任取れや!」の声殺到!

7位 長瀬智也が神対応!『鉄腕DASH』ひふみんとの共演に「本当に紳士」

『水曜日のダウンタウン』不法侵入ドッキリに「なんで警察呼ばないの?」はまいじつで公開された投稿です。