【プレミアリーグ】苦境を乗り越えたチェルシーがトッテナムに無失点で完勝!

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

プレミアリーグ第28節が27日に開催され、6位チェルシーが3位トッテナム・ホットスパーを本拠地スタンフォード・ブリッジに迎えた。

ネガティブな話題が続くチェルシーは、カラバオカップ決勝で交代拒否したケパ・アリサバラガを外し、スタメンにウィリー・カバジェロを採用。対するトッテナムは前節ケガから復帰したハリー・ケインが今節も先発出場となった。負ければマウリツィオ・サッリ監督の解任説に拍車が掛かるチェルシーは、最前線のゴンサロ・イグアインにボールを集めチャンスを窺う。右足のシュートがポストに嫌われるなど、ゴールの匂いを漂わせスコアレスで試合を折り返す。

【プレミアリーグ】サッリ解任阻止には勝つしかない!チェルシーとトッテナムのロンドン勢対決が実現 第28節プレビュー 〜Part3〜

チェルシーの懸命な攻めが実を結んだのは57分、右サイドでセサル・アスピリクエタがドリブルで駆け上がり、ディフェンスラインの背後にスルーパスを供給。ペドロ・ロドリゲスが抜け出すと、DFを一人交わし左足のシュートでネットを揺らし、チェルシーが待望の先制弾を挙げる。チームにかつての活気が蘇ったチェルシーは、プレスの質が上がりトッテナムにプレッシャーを与えると、84分にキーラン・トリッピアーのオウンゴールを誘発。2-0と勝利したチェルシーが苦境を乗り越え、勝ち点3を奪取した。

無失点に抑えたチェルシーがトッテナムに完勝