児玉化学工業、「三菱ケミカル」グループから外れる

©株式会社東京商工リサーチ

 2月21日、大手化成品メーカーの三菱ケミカル(株)(TSR企業コード:291021336)の児玉化学工業(株)(TSR企業コード:290051312、東証2部、以下児玉化学)への出資比率が15.77%から13.86%に引き下げられたことがわかった。三菱ケミカルが関東財務局に提出した「大量保有報告書」により判明したもので、2月19日には三菱ケミカルが児玉化学の株式の保有目的を「政策保有」から「純投資」へ変更していた。これに伴い両社の資本関係は一段と希薄になった。
 三菱ケミカルは、(株)三菱ケミカルホールディングス(TSR企業コード:296272507、東証1部、以下三菱ケミカルHD)の100%出資子会社。三菱ケミカルHDは、三菱ケミカルを通じて児玉化学の株式を保有し、持分法適用会社としていた。しかし、21日に三菱ケミカルが市場外で児玉化学の株式7万5,400株を売却し、持分法から外れた。
 三菱ケミカルHDの担当者は東京商工リサーチ(TSR)の取材に、「保有目的の見直しに伴い売却を決めた。流動性が低いため市場外での処分となった」とコメントした。
 児玉化学には三菱ケミカルからの転籍や出向者が在籍している。この点について児玉化学の担当者は、「出向者は転籍の方向で調整が進んでいた。三菱ケミカルとの取引関係に変更はない」とコメントした。
 三菱ケミカルの大量保有報告の提出を受け、児玉化学も21日に「その他関係会社の異動に関するお知らせ」をリリースした。今回の大量保有報告書の提出時の三菱ケミカルと児玉化学の連携不足を指摘する声もあり、今後の展開が注目される。

児玉化学工業が入居するビル

児玉化学工業が入居するビル

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年3月1日号掲載予定「取材の周辺」を再編集)

 TSR情報とは