「体育会TV」にプルシェンコ親子が参戦! 6歳の息子が驚異のパフォーマンス!!

©株式会社東京ニュース通信社

3月2日放送のTBS系「炎の体育会TVSP」(午後7:00)に、フィギュアスケート界の“皇帝”プルシェンコが6歳の息子と親子で参戦し、驚異のパフォーマンスを披露することが分かった。

同番組は、今田耕司と雨上がり決死隊の宮迫博之、蛍原徹の司会で、芸能人たちがさまざまな競技に挑戦する人気スポーツバラエティー。今回のスペシャルでは、番組のためだけに来日したプルシェンコが6歳の息子・サーシャくんと共に、体育会TV軍と「スケートリンク鬼ごっこ対決」「無音ダンス曲名当て対決」「氷上VS陸上二人三脚レース」の3番勝負で白熱のバトルを繰り広げる。

日本のバラエティー番組初出演となるサーシャくんは、これまでに世界で100回以上のアイスショーに出演し、すでに数社の有名スポンサーもついている天才スケーターとして知られ、プルシェンコは「パパは(スポンサー)1社だけなのに、もうサーシャは僕を超えているんだ」とまな息子の活躍にうれしそうな表情をのぞかせる。

体育会TV軍の助っ人には、女優でフィギュアスケート選手の本田望結・紗来姉妹が参戦。白熱した勝負が繰り広げられる中、プルシェンコは6歳とは思えないサーシャくんの存在感のある演技を「サーシャいいぞ! 素晴らしい!」と絶賛。かわいらしいサーシャくんが「パパ負けないでー!」と父を応援する姿も注目だ。