国内広告費、7年連続増

ネット好調、地上波に肉薄

©一般社団法人共同通信社

 電通が28日発表した2018年の国内の総広告費は、前年比2.2%増の6兆5300億円で、7年連続のプラスとなった。インターネット広告が16.5%増の1兆7589億円と好調で、地上波のテレビ広告(1兆7848億円)に迫った。

 ネット広告は5年連続で2桁の伸び。閲覧履歴などから利用者の関心に合わせて配信する「運用型広告」が引っ張った。テレビや雑誌などが関わるネットサービスの広告費も大きく増えた。

 衛星放送なども合わせたテレビ広告は、1.8%減の1兆9123億円。ラジオ広告は0.9%減の1278億円。新聞広告は部数減の影響で7.1%減の4784億円だった。