[特集]意外と!?治安が良いまちねやがわ(1)

大阪府寝屋川市

©株式会社パブリカ

寝屋川市の平成29年の刑法犯認知件数は大阪府内33市平均より少なく(人口比)、意外と!?治安の良いまちなんです。
刑法犯認知件数は平成25年から5年間で約50%も減少しています。
刑法犯認知件数は減少傾向にありますが、さらに犯罪を減らすためにも、一人一人が防犯の意識を高める必要があります。

今回の特集は、犯罪のないまち、起こりにくいまちにするために日々活躍している人たちの取り組みを紹介します。

◇刑法犯認知件数の推移
「犯罪が半分に!!」(5年間で)

■犯罪のないまちへ ─ 寝屋川警察署 生活安全課長 中西勝さん
「犯罪から身を守るため、最新情報を知ってください」
平成30年に市内で発生した刑法犯認知件数は2013件で、種類別では自転車盗が654件と最も多くなっています。
駅周辺や住宅に置いている無施錠の自転車が被害に遭いやすく、確実な施錠を行ってください。
そのほか、自動車盗の件数が増えており、通常の施錠だけではなく、ハンドルロックを取り付けるなど、盗難防止策を厳重にしてください。

また、振り込め詐欺など、特殊詐欺の被害が後を絶たず、平成30年の1件当たりの被害額が平均250万円を超えるなど、高額なものになっています。
詐欺の手口は非常に巧妙化しており、警察官や銀行員を名乗り電話をかけ、お金を振り込ませようとするなどの被害が発生しています。

警察官や百貨店、銀行協会を名乗りキャッシュカードの交付を求める不振な電話がかかってきたときは、家族や警察署へ相談してください。
そして、高齢者の家族がいる人は、このような手口があると教えてあげてください。被害を減らす大きな一歩になります。

今どのような犯罪が起きているのか知ってもらうことで、対策を立てることができます。
リアルタイムでの犯罪発生情報は、寝屋川警察署のホームページや、「大阪府警察安まちメール」でお知らせしています。皆さん見てください。

◇市公式アプリ「もっと」で情報収集を
大阪府警察安まちメールと連携し、不審者情報など大切な情報をリアルタイムで配信しています。

■寝屋川市の犯罪データ
(※寝屋川警察署より)
◇刑法犯認知件数の内訳

◇特殊詐欺(振り込め詐欺など)の被害件数と被害額