与党、予算案1日衆院通過の構え

野党は統計不正で反発

©一般社団法人共同通信社

衆院予算委で発言する野田聖子委員長=28日

 与党は2019年度予算案について、3月1日に衆院予算委員会と本会議で可決し、衆院を通過させる構えだ。与野党は28日、予算委理事会などで断続的に日程を協議した。統計不正問題を追及する野党6党派は審議が不十分として反発し、野田聖子予算委員長(自民党)の解任決議案や根本匠厚生労働相の不信任決議案などの提出を調整している。

 与党は、憲法の規定で予算が年度内に自然成立する期限が3月2日に迫っており、1日の通過は譲らない考え。予算委は28日夜の理事会で1日に締めくくり質疑と採決をする日程を野田氏の職権で決めた。