韓国、三菱重の特許差し押さえへ

徴用工訴訟で来週以降

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】韓国最高裁が元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身隊員らが原告の訴訟で三菱重工業に賠償を命じる確定判決を出したことに絡み、原告側の代理人弁護士は28日、同社が韓国特許庁に登録している特許の差し押さえを近く裁判所に申請する方針を明らかにした。

 昨年11月の判決後、三菱重工業は賠償金を支払わず、原告側はことし1月に、賠償方法などの協議を要求、2月末までの回答を求めていた。28日までに同社が答えを示さなかったため、差し押さえに乗り出すことを決めた。来週以降、記者会見で詳細を説明するとしている。