【F1テスト2回目デイ3・タイム結果】フェラーリとトロロッソ・ホンダが1分16秒台を記録。レッドブルのガスリーが大クラッシュ

©株式会社サンズ

 2019年第2回F1テストの3日目、ドライコンディションのスペイン・バルセロナで10チーム13人のドライバーがニューマシンで走行した。トップタイムをマークしたのは、フェラーリのシャルル・ルクレールだった。

 ルクレールは最もソフトなC5タイヤで午前中に出したタイム1分16秒231で、ここまでのテスト7日間の最速タイムを記録した。2番手にはトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが1分16秒882で続き、この2台のみが1分16秒台に入った。

2019年F1バルセロナテスト2回目 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダSTR14

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、4番手タイムを出しているものの、午後のセッションで大クラッシュを喫し、マシンが大きなダメージを負い、そのまま走行を切り上げることになった。幸いガスリーには怪我はなかった。

2019年第2回F1テスト3日目 ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)がクラッシュ

■2019年第2回F1バルセロナテスト3日目タイム結果(2月28日)

Pos Driver Team Time(tyre) Laps

1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’16.231(C5) 138

2 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’16.882(C5) 118

3 ランド・ノリス マクラーレン 1’17.084(C5) 84

4 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’17.091(C5) 65

5 ダニエル・リカルド ルノー 1’17.204(C5) 65

6 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’17.496(C5) 73

7 ランス・ストロール レーシングポイント 1’17.556(C5) 103

8 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1’17.639(C5) 71

9 ロマン・グロージャン ハース 1’17.854(C4) 16

10 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’18.097(C2) 85

11 ジョージ・ラッセル ウイリアムズ 1’18.130(C5) 140

12 ケビン・マグヌッセン ハース 1’18.199(C3) 53

13 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’18.862(C3) 96

※C1タイヤが最もハード、C5が最もソフト